メインコンテンツに移動
Dangerous Goods

パンくず

危険品の取り扱い

概要

日常生活の中で使用される物品は、海上輸送中に危険物として扱われることがあります。

以下のリストには、プロパンガスライター、壁の塗料、花火、酒類、除草剤などの物資及び物品が含まれています。

海上や陸上での安全を確保するため、このような危険物の輸送については多くの規制が適用されています。

種類

危険物は、IMDGコード(International Maritime Dangerous Goods Code)の国際規則に従って、以下のクラスに分類されます。

クラス1:爆薬

  • 大量爆発の危険がある物質及び物品。
  • 物質が爆発する危険性があるが、大量爆発の危険がない物質及び物品。
  • 火災の危険性があり、爆発の危険性が軽微であるか軽微な爆発性の危険性があるか、またはその両方であるが、大量爆発の危険性がない物質および物品。
  • 重大な有害性を示さない物質及び物品。
  • 大量に爆発する危険性のある非常に鈍感な物質。
  • 大量爆発の危険性がない非常に鈍感な物品。

クラス2:ガス

  • 可燃性ガス
  • 不燃性、非毒性ガス。
  • 有毒なガス。

クラス3:可燃性液体

クラス4:可燃性固体

  • 引火性固体、自己反応性物質、脱感作性爆発物。
  • 自然発火しやすい物質。
  • 水と接触して可燃性ガスを放出する物質。

クラス5:酸化性物質および有機過酸化物

  • 酸化物質。
  • 有機過酸化物。

クラス6:毒性および感染性物質

  • 有毒物質。
  • 感染性物質。

クラス7:放射性物質

クラス8:腐食性物質

クラス9:その他の危険物および物品

規則

国土交通省の定める「海上輸送及び危険物の積載規制」の内容は、IMDGコードの国際規則に従っています。

注:IMDGコードは、国際連合の下位組織であるIMO(国際海事機関)によって決定されます。 現在、60以上の国々がこれらの規制とガイドラインを全面的に採用しています。

この規制は、危険物の包装、梱包、表示及び積み込みの方法について規定しています。 荷送人は荷物、梱包、ラベルの規則に従う責任を負い、運送業者は積み込みの方法についての責任を有します。

梱包

危険物の安全な輸送のためには、以下の点に従う必要があります。

  • 梱包及び包装の規則を守ること

  • 全てのパッケージは適切な規則に従って適切にテストし、適切な大きさの金属箱に包装し、適切なマーキングを付与すること

  • 危険物を容器に正しく積載すること

その他

塗装からロケットモーターまで、安全でトラブルのない危険物の輸送を保証するために、検査を実施し、適切なアドバイスを提供します。

特別な注意を払う必要があるもの:

  • 受け取ったパッケージと包装のラベル
  • 必要に応じた、調査及び積付調査の実施
  • 適用される国内及び国際規制